あ!50回目

   

なんと50(´`)ノ

 

いやあ~こんな飽きっぽい私でも50回ブログを更新することが出来ましたよ!

ちなみに本日は城の日だそうですよ(ハイキタ語呂合わせ)

 

うーん。実は何を書いていくかいつも悩んでいるのですが

私とびぬけて車詳しいわけでもないので(´-ω-`;)

 

好きなものの話は止まらず書けるのですが!

 

 

さて、近年新車や中古を購入する際「維持費が安い」「燃費がいい

との理由で軽自動車を選ぶ方増えてますよね!

 

しかし安全性に懸念を抱いてる方も多いはず。

安いから装備品なさそう」や「所詮軽自動車」などのお言葉も聞きます。

 

でもそれは古いですよ!!!

 

まずCMでやってる❝自動ブレーキ❞

いわゆるぶつからない車です

名称は衝突被害軽減ブレーキと言います。

こちらは高級車にはよく装備されていますが、最近の軽自動車には当たり前に装備されています。

どのように自動ブレーキがかかるかといいますと、そのシステムはたくさんありますが

大きく分けると3つあります。

 

ステレオカメラ(シングルカメラ)

ミリ波レーダー

赤外線レーダー

では何が違うんだろう?どれがいいの?とのことですが、やはりメリット・デメリットはあるのでそこを考えましょう!

 

ステレオカメラ

メリット 形状認識が出来るので人間の判別が出来ます。そのため見分けて停止することが可能!

距離や角度はミリ波に劣るものの十分な距離はカバーできます。

値段が安いです。

デメリット 天候に左右されやすい、逆光に弱い

 

〖ミリ波レーダー〗

ミリ波レーダーの仕組み

 

メリット かなり遠くの障害物を検知することが可能

天候に左右されず、逆光にも強い

デメリット 価格が高い

前を走る車の反射板から戻ってくる電波で障害物を判断する為、人間を障害物と読み取ることが不可能

 

〖赤外線レーダー〗

赤外線レーダー

 

メリット 価格が安い

デメリット 近場でしか検知せず、30mほどが限界、

また相対速度差や、自動ブレーキがかかる速度が30キロ程度が限界

 

 

 

2つ目は誤発進抑制制御

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防ぐものになります。

前の方に障害物がある際にアクセルを踏んでもエンジンを抑制し、クラクションでドライバーさんに注意をうながすものもあります。

ちなみに昨年の新型ムーヴには後方誤発進抑制制御が軽自動車では初めて付けられました!

 

 

3つ目に横滑り防止装置

横滑り防止装置は滑りやすい路面を走行中に、クルマがスリップしそうになるとブレーキやエンジンを即座に制御し、

安定した走りを影ながら支えます。

かつては非搭載であったり、オプション装備でしたが、昨年の10月から装着が義務化されました!

 

 

軽自動車も安心して乗れるように作る方も企画者も考えてらっしゃいますね!

上3つに頼らなくてよい安全な運転を心がけましょう(*‘-^*)

 

では、また次回です~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - スタッフブログ

 

あ!50回目

ZIPーFM でお馴染みの!一括査定プラスではあなたの愛車の買取額を一括査定!愛車の情報を入力してい ただくと、電話一本で最大10社の査定額がわかります!鳴り響く電話の嵐は一切ございません!

Copyright© 【公式】一括査定プラス!完全無料で一番高い車買取会社探し , 2015 All Rights Reserved.