世界知っとこ車情報!第二弾”アウトビアンキ”

こんな車あったんだ!シリーズ第2弾!「アウトビアンキ社」の車達を紹介したいと思います。

まず初めに

アウトビアンキ社とは?

えー…なにその会社?車の会社なの?と思われる方も多いこの車会社。

実はもう無い会社なんですね。

1899~1992年までの間に存在していたイタリアの自動車メーカーで、

当初は”ビアンキ社”として開業されましたが、1945年以降経営不振に陥り

フィアットとピレリから資金援助され”アウトビアンキ社”として再スタート。

ちなみにこの”アウトビアンキ”とはイタリア語で”白い車”という意味で、

可愛らしいデザインの車が多いこの会社にピッタリな名前ですよね♡

その後フィアットの傘下に入ります。

傘下に入ってからは日本でも人気の高いハッチバックのA112やY10などを世に送り出していて、

Y10はその後フィアット社のパンダにもそのサスペンションが乗せられているんですよ!

 

さて、アウトビアンキ社が分かった所でそろそろ車の紹介をします!

ビアンキ―ナ

14032440115_ff13fe75ea
アウトビアンキ社として再スタートしてから最初に発売された車です。

写真はカブリオレですが、シリーズとして

  • カブリオ
  • レセダン
  • パノラミカ(ステーションワゴン)
  • ライトバン

が発売されており、

1957年~1970年までの総生産台数は約275,000台に上る定番車種だったんです!

(ジャルディニエラを除く)

ちなみにこの車、フィアット社の”500”(2代目)の

エンジンやシャーシをそのまま使っているんです。

インテリアやエクステリアは500よりもグレードアップした物になっているので、

500よりちょっとお高い車ではありましたが…笑

カブリオレ限定ですが、リアのデザインがアメリカちっくで、

二股につんつんと出っ張っていて可愛らしい見た目になってます。

1959年製造モデルのスペックが

エンジン:直列2気筒

排気量:479cc

馬力:16.5bhp/4000rpm

トップスピード:90km/h

車両重量:510kg

 

ステリナ

Autobianchi_Stellina_spyder

フィアット600をベースに作られたスポーツカーです。

600のずんぐりむっくりしたフォルムが残った可愛らしい見た目ですが、

スポーツカーとしてはかなり不人気だったみたいですね^^;

エンジン…水冷直列4気筒

総排気量…767cc

最高出力…32仏馬力/4,800rpm

最高トルク…5.5kgm/2,800rpm

全長×全幅×全高…3,670mm×1,430mm×1,240mm

引用:wikipedia

 

プリムラ

IMG_2666

1964年に発売された車で、

このエンジン、社内で初めて横置きエンジンが実用化されたたもので、

4気筒エンジンの脇にトランスミッションとディファレンシャルを配置し、不等長のドライブシャフトで前輪を駆動する、

FF駆動を採用していて開発者の名前をとって「ジアコーサ式前輪駆動」とも呼ばれたFF式の駆動方式の車です。

(現在FF式の車は大半がこの方式のものなんですよ)

この方式は、最初から横置きを前提としているので、幅の短いエンジンやトランスミッションを新たに開発する事で可能になった方式なんです。

開発者の血と汗と涙の結晶なんですね…

ハッチバックですが、内装はとても広くゆったりとした車内スペースを実現した一台です。

この時代のコンパクトカーを連想させるフロントデザインで、

丸目のライトが可愛らしい印象が特徴のプリムラ!

かなり私情を挟みまくった評価ですが、現代に復刻していただきたい車No.1です!

ちなみに1967年製造モデルのスペックは

エンジン:フロント4気筒エンジン

排気量:1221cc

馬力:59bhp/5400rpm

トップスピード:135km/h

 

A111

3943341845_143720dc1c
プリムラの後期モデルとして発売されたセダンです。

角々したデザインが特徴的な一台です。

エンジンはフィアット社の124と同じものを積んでいます。

発売から生産停止まで特にモデルチェンジなども無かった、

若干地味なモデルでした。

以上です。

え?他に比べて説明が短い?いやいやいや…気のせいですよ。

 

A112

このモデルはアウトビアンキの中でも人気があるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

5054229759_98cf9304b4

A112からはアバルト(スポーツ仕様)も出ており、コアなファンも多い一台かと思います。

このA112もプリムラやA111と同じく「ジアコーサ式前輪駆動」を採用している一台で、

フィアット124と共にこのFF駆動方式を世の中に広める目的も兼ねて発売された車なんですね。

主な種類は

  • ベーシック
  • エレガンテ
  • ジュニア
  • アバルト

等があります。

当初はベーシック(903cc)のみが発売されましたが、1971年に上位モデルのエレガンテ(エレガント)が発売されました。

またバンパーのデザインを変えたジュニアが発売され、

エンジンが982ccのスポーツモデル、アバルトが続々と発売されました。

このアバルトですが、一部のコアな層に人気があり1985年頃まで生産されたんです。

この車両フロントガラスの三角窓が開く仕様になっていて、可愛らしい見た目になっています。

今後ランチアY10にその血が受け継がれていく訳です。

スペックは

エンジン:フロント4気筒エンジン

排気量:903cc

トップスピード:80km/h

 

次回はまたヨーロッパの知られざる車を紹介していきたいと思います。

こうご期待を!

 - ブログ記事

 

世界知っとこ車情報!第二弾”アウトビアンキ”

ZIPーFM でお馴染みの!一括査定プラスではあなたの愛車の買取額を一括査定!愛車の情報を入力してい ただくと、電話一本で最大10社の査定額がわかります!鳴り響く電話の嵐は一切ございません!

Copyright© 【公式】一括査定プラス!完全無料で一番高い車買取会社探し , 2015 All Rights Reserved.